×

職場環境を整える医師

病院

一般的な医師は病院に行くと、身体的な病気を治療してくれます。しかし、その背景にある仕事への取り組み方や職場環境はノータッチです。そこが原因の場合は、根本的なことが解決しないと再発してしまうので表面的な改善しかできません。その点で一歩踏み込んだ診断や職場へのアドバイスまでしてくれるのが産業医です。医師の資格プラス産業医の資格も取得しているので、専門的な知識を持ち合わせています。例えば危険が多い職場には環境と整えるように指導したり、働きすぎの過酷な状況を指摘したりもしてくれます。さらに休職後の復帰の際には、きちんと回復しているかのチェックや、復帰後に身体を慣らしていけるように計画を練ったりもするケースもあります。このように健康に働けるように包括的に指導できる立場で知識も豊富なので、表面的な症状のみならず背景にある環境や心的な負担も含めて診断することが可能です。これが産業医の役割で大きく期待される点です。その診断から治療をするために専門医へ紹介してもらえば、話もスムーズに進み早く治療を開始できます。

より的確な治療をスタートさせよう

受付

自分一人で身体の調子がおかしいと病院へかかっても、表面的な検査で異常がなければ何もしないで終了です。もしくは少し薬をもらうだけになってしまいますので、この先も我慢しなくてはなりません。しかし、産業医に診てもらえば、どんな点が不安で原因も職場環境全般を含んで診断してもらえます。その紹介があれば、どんな状態なのかが見えない部分までわかるので診断もより深く、細かくできます。すると、一人で行くよりも良い治療方法が見つけられたり、具体的な原因が見つかることもあります。医師同士の連携も濃密になることで、早く適切な治療を開始することにもなります。産業医は企業に在籍しているので、個々の専門的な治療に専念するのは難しいです。そのため、専門医を紹介することが多いですが、この時に情報を医師ならではの内容で伝達してくれるので、紹介された側の医師も具体的ですぐにチェックすべき点が伝わります。時間の短縮や患者さんの負担軽減にもなるのもメリットです。もし、産業医がいるようなら活用して、職場環境や働き方も見てもらったうえで診察をしてもらいましょう。その後、紹介状をもらった場合はゼロから診察し直しではないので負担が軽減します。少しでも早く身体の調子を戻して、今度は適切な働き方で健康をキープできるように産業医とともに取り組めるのも心強いです。相談しやすい存在がいるなら、まずは気軽に立ち寄ることから始めましょう。

広告募集中