×
HOME>注目記事>どんな時にどんな内容を相談するべきなのか
医者と看護師の人形

相談をする際の注意点

仕事によるストレスを感じていて、それが体調にも影響を与えることもあるでしょう。精神的なダメージを受けてしまったという場合には専門的な治療が必要になります。しかし体調不良の原因がストレスなのかどうか、素人には判断をすることができません。そこで産業医に相談をして、専門医を紹介してもらう、という方法を選択してみるとよいでしょう。相談をする際にはまずどんな症状がいつから出ているのか、どんな悩みを抱えているのかなど分かるようにしておくとよいでしょう。限られた時間の中で相談をすることになるので、時間を有効に使うということも考える必要があります。時間を無駄にすることがないように、事前に症状などを整理しておくとよいでしょう。またどんな希望を持っているのか、などもキチンと伝えることができるようにしておくとよいでしょう。

どこで相談をするべきか

産業医と言っても受診をする際にどういう手続きを取るべきなのか、よく分からないということがあるでしょう。大抵の企業で産業医の契約をしている医療機関があるので、まずは福利厚生を管理している部署に相談をしてみるとよいでしょう。企業によってはオンラインの専用システムで受診の申し込みができるようになっているところもあります。企業によって様々なので、その方法を確認しておくとよいでしょう。勤務先とは全く関係がない医療機関を受診してしまうと、仕事と体調の因果関係がはっきりしないということもあります。企業に提出をする専門医の紹介状なども準備に手間がかかってしまうこともあるので、提携をしている医師のところに相談に行くのが好ましいです。決まった曜日など医務室に足を運んでくれる産業医もいます。

広告募集中