×
HOME>ホットトピックス>企業が従業員に対して行う医療関係の管理体制とは

仕事を行うことへの危険性の排除

医者

日本にはいくつもの仕事がありますが、その中には長い勤務時間の間に身体的に負担を生じてしまう種類の仕事も存在しています。製造業は化学薬品を使うので産業医によって体調管理を行っていますが、他の業種でも従業員の体調不良に対応するために産業医を活用します。産業医はその業種によって求められる用途が異なるので、業種別に求められる用途を紹介しましょう。

事務職の業種の場合

医師と女性

事務職とは着席した状態で人事や財務などの処理を担当する仕事であり、環境的には特に問題がない場所がほとんどです。このような業種での産業医の役割を紹介すると、主に従業員の基礎的な健康管理になるでしょう。事務職は動くことが少ないので肥満になりやすいという傾向があり、その予防には産業医による指導が有効になります。

化学薬品を使用する製造業の場合

製造業ではその業種で使用する化学薬品が異なり、その薬品による人体への影響を考慮した産業医が必要になっています。薬品によって人体が受ける影響が異なるからであり、このような業種に産業医を紹介する場合は、化学薬品の性質にも精通している人が求められるでしょう。一般的な薬品以外に専門的な種類も取り扱っている場合があり、産業医は知識の習得が必須です。

化学薬品以外の製造業での注意点

製造業では使用する化学薬品以外にも注意しなければいけないことが多く、材料を削ることで発生する粉塵や、物の落下や転倒などです。粉塵は呼吸器系に影響を及ぼしますし、製造工場になると高所に物を吊り上げたり、物を持ったままで移動することも多く、危険性が高くなっています。工場に産業医を紹介する場合には外的要因になる傷害以外にも、大気の状態にも適応できる産業医が求められるでしょう。

広告募集中